後悔だけはしたくない!住宅ローンを検討する時に知っておくべき雑学を紹介

このサイトでは住宅ローンを利用してマイホームを建築する方に向けて、活用できる基礎知識を多角的な側面から紹介しています。
長期間にわたり支払うことになるローンを組んではみたものの、あとで後悔することがないように、お役立ちコンテンツを掲載しました。
夫婦の共有名義にすることには、審査を通過しやすそうでいて、反面注意するべきポイントがあります。
また最近では金融機関から加入を事実上義務付けられている、火災保険にもふれています。

後悔だけはしたくない!住宅ローンを検討する時に知っておくべき雑学を紹介

住宅ローンで後悔することが多いのは、無理な返済計画がたたってリストラや病気などの機会を機にして返済計画が破綻することです。
手持ち資金が少ないとどうしても、住宅ローンによる現金調達比率が高くなりますが、それだけ毎月の返済額が高くなりがちです。
反対に毎月の返済金額を一定期間低く抑えるタイプの住宅ローンもあります。
おおむね5年程度は支払額が低くなっていますが、その後は本来の返済額になるので、ある月を境に支払額が急に高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

負担にならない住宅ローンと収入の割合

負担にならない住宅ローンと収入の割合は、手取り収入の20%以内です。
「もう少し高い割合でも良いのでは」と思うかもしれません。
しかし、「住宅ローンは長期返済となり、返済中に家計の収支が変動することがある」「家の管理や維持費も必要になる」という理由があるため、手取り収入の20%にするのが理想です。
ローンを組んだ後、子供の教育費がかかったり、転職で収入が減る、家族が病気にかかるなど様々な理由で収支が変動する可能性があります。
この他にも固定資産税、火災保険など、住宅に関する色々な費用が発生します。
戸建ての場合、長年住めば家も古くなり外壁や屋根の修繕なども必要になります。
金融機関では額面収入に対して25%~35%程の比率で考えますが、この比率でローンを組むと将来、返済で家計が苦しくなる可能性が高くなります。
額面収入で考える比率はあくまで審査の基準になるため、実際のローンを組む場合は高めに設定せず、額面収入ではなく手取り収入の方で返済計画を立てるのがお勧めです。

住宅ローンは人生設計と一緒に考える

住宅ローンとはその利率も比較的に低いものですが、借入額が大きいだけに返済期間も長期になります。
長い時間をかけて返済する必要がありますので、返済計画はより慎重に立てていかなければなりません。
現在の状況だけで決めてしまっては、将来困った事になる可能性は高くなっていくでしょう。
今、置かれている家族や家庭の状況に変化があれば、必要となる支出も大きく変わってくると言う事です。
その、要因のひとつとしては家族構成の変化で、子どもが生まれれば支出は必ず増加します。
最も削減してはならない金額で、このような状況は特に念頭に置くべきものです。
その成長に合わせて支払うべき金額も増え、他の家族にも予期せず自体が発生した場合への備えも必要になります。
これは、様々な保険等でも対応はできますが、係る状況も踏まえた返済計画を立てておけば将来へも不安も解消されていくでしょう。
収入は安定していることを原則として住宅ローンは融資されますが、借入額と返済のプランは自分たちの責任で決定すべきものです。
まさに、人生設計の重要なひとつの要素となるのが、住宅ローンの返済計画と考えなければなりません。

住宅ローンの頭金は借入れの1割で考える

近年では、家を購入される方が多くなってきています。
情勢に伴い、家で過ごす時間が増えたことも影響していると考えられます。
家を購入するときに住宅ローンを組まれる方がほとんどであるのではないでしょうか。
家はとても高い金額のため、一括で購入される場合の方が少ないです。
住宅ローンは借入れた金額を月々返済していく形です。
利息がつくため、繰り上げ返済をされることもあります。
利息を減らし、月々の返済を少なくするためには頭金を用意すると良いです。
基本的に借り入れ額の1割程度で考えておくと良いでしょう。
しかし頭金を多く入れると月々の返済は少なくなると言うメリットはありますが、多く払いすぎてしまうと手元に残るお金が減ってしまうことになります。
何かあったときに対応できなくなってしまう可能性があるため、1割程度で考えておくと安心です。
現在の収入を参考に無理なく住宅ローンを組めるように、事前にしっかりと調べておくと良いと思います。

住宅ローンを組む時に忘れてはいけない諸費用の存在

住宅ローンを組む時には諸費用がかかることをご存知でしょうか。
住宅購入をするにあたって頭金を用意する人が多いと思いますが、頭金とは別にお金を用意しておく必要があります。
ローンの契約事務手数料や印紙代、司法書士報酬などがかかります。
必要な金額は、購入額の約10%ほどです。
これらの諸費用をローンに組み入れることも可能ですが、金利が高いため返済困難になってしまう人もおり、おすすめはできません。
近年では頭金0円でも住宅が手に入るとも言われていますが、全くお金を出さずに住宅購入をするのは難しいと考えて良いでしょう。
また、別途費用がどのくらいかかるかを把握せずに契約に至り、後で後悔する人もいるようですので注意が必要です。
以上のことより、住宅ローンを組んで住宅購入を考えている方は資金計画を入念に組んでから契約をした方が安心でしょう。
資金計画を個人で行うには不安という方はファイナンシャルプランナーなどお金のプロに相談するのがおすすめです。

住宅ローンに関する情報サイト
住宅ローンの基礎知識

このサイトでは住宅ローンを利用してマイホームを建築する方に向けて、活用できる基礎知識を多角的な側面から紹介しています。長期間にわたり支払うことになるローンを組んではみたものの、あとで後悔することがないように、お役立ちコンテンツを掲載しました。夫婦の共有名義にすることには、審査を通過しやすそうでいて、反面注意するべきポイントがあります。また最近では金融機関から加入を事実上義務付けられている、火災保険にもふれています。

Search